プチ整形で理想の自分に変身|綺麗になるための一歩

レディー

切らない手軽な整形手術

頬を触る女性

プチ整形とは、メスを使わない手軽な整形手術全般のことをさします。代表的なものには、二重の形成手術、ヒアルロン酸の注入によるしわ取りやたるみの解消、豊胸手術、注射による小顔手術などがあります。いずれも共通するのは、メスを使わないという事です。メスを使わないため、手術後の腫れや赤み、痛みなどが少なく、人前に出ることのできないダウンタイムがほとんどありません。さらに、手術時間も非常に短く、手術の種類によっては十分足らずで終わるものもあります。入院の必要もありません。肌を切開しないので麻酔による副作用や後遺症などの心配も少ないです。費用も十万円以内でできるものが大半のため、気軽に受けられます。このような手軽さと挑戦するための敷居の低さがプチ整形の魅力ですが、デメリットもあります。それはプチというだけあって、効果の持続性が低いことです。通常の美容整形ならば、成功すれば半永久的にその効果は続きます。ですが、プチ整形は多くの場合時間とともに効果は薄くなっていきます。持続時間は施術の内容や本人の体質、手術の成功の可否にもよりますが、長くても数年、短いと半年程度で元に戻ってしまうこともあります。ですが、その分体への影響は少ないため、安全であるともいえます。プチ整形を利用するときには、このような点をあらかじめ把握した上で、スキンケアやマッサージなどと併用して利用すると効果が長続きしますし劣化も少なくなります。また、実施前には医師としっかりカウンセリングを行い、自分に向いている施術を選ぶことが大事です。

プチ整形は手軽にすることができ、短期的には顔の印象を変えることや豊胸などに非常に効果があります。効果が持続しないというデメリットもありますが、それは安全性の裏返しでもあります。リスクが少ないというのは大きなメリットといえるでしょう。かなりの安価で施術できることを考えると費用対効果はかなり高いといえます。しかし、安全性が高いとはいっても、後遺症や副作用がないわけではありません。非常に簡単で失敗が少ないといわれているような手術でも重篤な後遺症がでることもあります。こうした事態を避けるためには、最初のクリニック選びが非常に重要です。よいクリニックというのは、カウンセリングをしっかりと行うクリニックです。後悔のない選択をしてもらうために、カウンセリング当日の施術や契約は行わないという特徴があります。なぜならば、プチ整形含む美容整形は健康な体に注射やメスを入れることになるため、急ぐ必要がないためです。逆にいえば、契約を急がせるような営業をするクリニックはよいクリニックとはいえません。「当日契約すれば割り引きます」というような営業文句も同様です。また、営業担当者と手術を行う人が違うクリニックも要注意です。営業担当者は契約をとるためにあれこれと美辞麗句を並べてデメリットを説明しないことが往々にしてあります。また、手術をする人が別だと、正しく希望が伝わらず満足のいかない出来になってしまうこともあります。手術をする医師が自ら問診とカウンセリングを行い、決して契約を押し売りすることのないクリニックがおすすめです。